勉強の飾り棚

主に物理や数学、数値計算を勉強していておもしろいと思ったこと、記録しておきたいと思ったことを陳列するところ。

[tex: ]

テスト投稿

なかなかじっくり文章を書くという時間が取れず、1年近くぶりの更新となってしまいました。 これから物理や数値計算関係の投稿をしていこうというところなのですが、その前にはてなブログMarkdownの機能を試すためにお試しで投稿してみます。

Markdown全般について

Markdownの全般的なことは、

などのページを参考にしました。

数式の挿入について

はてなブログの場合、数式は

[tex: ... ]

のように入れるのが良さそうです。 ただし、'[', ']', '^', '_'などの記号はエスケープしないとうまく表示されないことがあるので注意が必要です。

例として、

[tex: x = \dfrac{-b\pm\sqrt{b\^2-4ac}}{2a}\]]

とすると

 x = \dfrac{-b\pm\sqrt{b^2-4ac}}{2a}

のようになります。

更に、数式番号やラベルを付けることもできました。例えば、

[tex: W=\dfrac{\Gamma}{2\pi i}\log\sin\left(\dfrac{\pi z}{l}\right)-\dfrac{\Gamma}{2\pi i}\log\sin\left(\dfrac{\pi}{l}(z-h)\right) \tag{1}\label{Karman}]

とすると、

 W=\dfrac{\Gamma}{2\pi i}\log\sin\left(\dfrac{\pi z}{l}\right)-\dfrac{\Gamma}{2\pi i}\log\sin\left(\dfrac{\pi}{l}(z-h)\right) \tag{1}\label{Karman}

のように表示されます。 このラベルは後から参照することもできます。

ついでにメモをしておくと、ベクトルを表す際によく用いられる太字の斜体は

[tex: \boldsymbol{F}]

とすると、  \boldsymbol{F} のように出せます。

数式の挿入については、以下のページを参考にさせていただきました。

数式に関してはMathJaxとの兼ね合いなどで複数の記法が存在しているようです。 使いやすい記法を求めてもう少し試行錯誤してみるかもしれません。

画像の挿入

ここでは画像の挿入を試してみます(以下の数学的な部分は適当です)。

上の式( \ref{Karman})は2次元ポテンシャル流において、平行渦列というものの複素速度ポテンシャルを表す式なのですが、

 \cosh\left(\pi b/l\right)=\sqrt{2}

の場合は、特にKármán渦列と呼ばれます。 平行渦列の流れ関数(複素速度ポテンシャルの虚部)をカラープロットしてみると以下の図のようになります。

f:id:longtimetail:20180218165945p:plain

このプロットはJupyter+SymPyを使って描きました。

Amazonへのリンク

上のKármán渦列に関する記述は、以下の本の9.3節を参考にしました。

流体力学 (新物理学シリーズ)

流体力学 (新物理学シリーズ)